カテゴリー「☆奥多摩を歩こう!」の65件の記事

2017年5月22日 (月)

奥多摩 臼杵山

戸倉三山はおととしに市道山を歩きましたが、今回は最高峰の臼杵山へ。

Simg_1076

週末の五日市駅の大混雑にビビりました。バスで下本郷で下りるとすぐに写真のような都案口が。バスの中の大人数の人たち(おおかた都民の森行きでしょう)はどこへ行くんだろう?という感じでした。

Simg_1081

しばらく暑かったけど、稜線で少し風がぬけます。

Simg_1086

ヤマツツジがいいかんじで咲いています。

Simg_1088

休憩。今日のような日は給水がだいじです。

Simg_1089

緑の濃さに癒されます。静かな山歩きです。

Simg_1094

なかなかの急坂にあえぎましたが、展望が得られるところまで上がってきました。この暑さでは、樹林帯の木陰歩きはラッキーだったかもしれません。

Simg_1096

展望は9月に宿坊泊で歩きに行く、大岳山から派生する馬頭刈(マズカリ)尾根!

Simg_1098

北峰に着きました。有名なこま犬ならぬ こまネコ?

Simg_1102

南峰登頂。パシャリ。ちょうど時間もよくお昼にします。数人の男性単独行の方々が上がってきました。

Simg_1105

目にもよさそうな 萌える緑

Simg_1106

さて下りです。頂上直下はなかなかの急かげん。

Simg_1107

刈寄山や五日市方面に開けました。そういえば学生時代、この下のユズリハ窪とかで沢登りをしたなあ。落石で怪我したのですが。

Simg_1114

ヤマツツジィ

Simg_1116

アップダウンと暑さがきついものの癒してくれます。

Simg_1117

このあたりから樹林帯に入ります。

Simg_1126

北秋川の奥に、奥多摩の主峰、大岳山と御前山

Simg_1128

眼下の秋川の谷も深いですね。

Simg_1129

さてこれはビックリしました。グミ御前のグミは漢字で茱萸、大和言葉で、ドイツ語のグミとは区別されるようです。この漢字のシュユというのはミカン科のまた別の植物もあるようです。むずかしい・・・(Wiki)。

5月の山を愛でながらよく歩きました。次は残る、刈寄山へ!? ご参加いただいてありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

秋川丘陵-網代城山

秋川丘陵としてお誘いしましたが、じっさいには網代山・城山をつないで歩きますので先日の滝山丘陵よりきつめでした。
Simg_0212
秋川駅集合。駅前にずばり今回のコースがわかりやすく案内されています。オリジナルかと思っていたくらいなのに(+_+)。
Simg_0215
秋川を渡ったところで大岳山。バスもあったのですが、歩いてしまえと歩きました。

Simg_0219

さきほどの駅前の地図だと、サマーランド手前・元ボーリング場奥からの通常ルートは忌避されているようなので、左側から大きく尾根を回りこんだのですが、あまりいい道ではなく、「通行できません」(左下から上がってくる道)と表示されているわりにはいまだにフォローが十分でなさそうでした。

Simg_0220

ウワバミソウ? 葉っぱだけからですが。

Simg_0223

竹林が整備されています。

Simg_0230

緑が深いです。ここも二条城という山城跡のようです。

Simg_0238

サマーランド上のあたりで、左に尾根を外れた歩きやすい道になりますが、途中の分岐でMTBかで走りこんで道幅の広い道が交錯して迷いやすいところがありました。

Simg_0240

ツクバネソウ 山野草が多くありました。

Simg_0241

雹留山・ひょうどめやま この看板は、この奥に少し上がった高み(↓写真)を指しています。

Simg_0246

地形図では少し手前ですが、これだけ思い入れのあるところであればここでいいでしょう。下の道幅広いところでお昼にしました。

Simg_0243

これはミツバツツジでしょうがちょっと遅め(おそらくサクラの開花とほぼ同時期と思われます) 山の中にはヤマツツジが咲き始めていました。

Simg_0248

雨がぽつぽつ降りましたが、緑が深い中を歩きます。

Simg_0251

五日市ゴルフ場のわきを通って、山田大橋のほうに下ります。ガイドブックなどではこれで五日市線の駅に出て終了のコースですが、今回は もう一つのコース、写真奥の山々・網代山をつないで歩きます。

Simg_0255

網代会館にてトイレをお借りして、網代山へと向かいます。少しゴロゴロと鳴りました。

Simg_0260

なかなか怪しいかんじです。

Simg_0262

神社さん社域に入りました。ずっと雨雲レーダーを見ていましたが、ここにきて思ったよりも早く、あと小一時間で強雨通過の予報・・・ 戻ることも頭をよぎりましたが、山を越えても時間はさほど変わりません。

Simg_0266

ツツジと展望の頂に登頂!

Simg_0270

となりの通称?花見山からの広い展望。東側はまだ明るい。

Simg_0267

えー、まだあそこを越えるのかーのため息・・・

Simg_0275

ペースはさほど落とさず歩き続けて、ここも山城跡の「網代城山」(↓)に到着しました。

Simg_0276

このあと、予定の小峰公園でなくて最寄りのバス停に急いだところ、1時間に1本のバスに乗ることができ、乗車の後すぐに強雨に見舞われましたからラッキーでした。低い山でしたがアップダウンの多い山で、ツツジなど山野草がいいころでした。 ご参加いただいてありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

サクラの滝山丘陵

滝山丘陵は雨が続いた日の合間に天気もよく、八王子駅から歩き出し。

S20170410_3

小宮公園の木道を歩いて丘を越えていきます。

S20170410_1

写真はすべて同行の黄さん撮影で、私の姿も写っています(嬉)。

S20170410_7

道の駅にて休憩のあと、丘陵に向かいます。河川敷がきれい。

S20170410_5

入口にて、山城であったなどの解説。

S20170410_8

サクラは咲いているかなあ。

S20170410_4

おおきれい、とりあえずお昼にしましょう~

S20170410_2

さらに奥に、山中のサクラが満開でうっとり。吉野のサクラにも負けないぞ。

S20170410_6

本丸下まで行って多摩川を見下ろしました。しあわせなサクラ歩きでした。ご参加いただいた方々、黄さん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

小下沢林道-景信山

高尾・小下沢林道は雨上がりでしたが、週末の高尾駅にはたくさんの山人。
タカオスミレ・エイザンスミレなど見ながら歩いていると、親子イベント案内中のAガイドとも行き会ってやあやあ。
林業の小屋でトイレを貸していただいて、景信山に上がっていくと、頂上はそこそこ大勢の方々。さすが人気の山です。なめこ汁を頼んでテーブルベンチにてランチをいただいていると、ガスが晴れて雲海を見れました。
明王峠まで行って奈良子尾根を下りようという計画でしたが、長く歩くには足元がゆるいので、城山まで歩いて日影沢林道を下りました。
景信山の上がる途中でアケボノスミレを見届けたはずですが写真が残せずに残念しごくです。
カテゴリーは、神奈川県境も歩きましたが、主に東京都側を歩きましたので、多摩川支流上流=奥多摩としました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

奥多摩 サルギ尾根

ずいぶん前に下見してほうっておかれたコースを、トレーニング山行のご要望があって行ってまいりました。サルギは猿の木、イヌマキのことだとか。最近、飯山観音で見かけていますが

Simg_4713_3

古めかしい養沢神社からのスタート、周回してきます。

Simg_4726_2

等高線とにらめっこしながら急登をがんばって高岩山にたどり着きます。スリルある岩場もあってがんばりがいがあります。

Simg_4727_2

特徴ある大岳山が間近で頭をもたげます。

Simg_4728_2

一登りで展望台です。ここで昼食です。東側が開けていますが、ここで日の出を拝む人もいるかしら。

Simg_4730_2

御岳神社を遠くに見下ろします。

Simg_4733_2

芥場峠までしばらくアップダウンが続きます。

Simg_4734_2

上高岩山にて 今回のメンバー

Simg_4736_2

尾根道を選んで越えた1000mほどのピークを上高岩山とする見解もあるようです。

Simg_4740_2

大岳山?奥之院?この辺りが今回の最高点で、さすがに寒かったです。

Simg_4745_2

奥之院へのショートカット道分岐。おととしの昼間の雷雨からの必死の退避を思い出します。ここには新しくトイレができていて助かりました。

Simg_4747_2

やはり撮ってしまう 天狗の腰掛杉

Simg_4750_2

長尾平へ。

Simg_4753_2

今回は神社参拝はできませんでしたが参道をのんびり下りました。外国人の方が多かったですね。

Simg_4756_2

やはり駒鳥茶屋で休息。コマドリならぬイカルがお出迎え。

Simg_4758_2

ねだんのわりに ちょっとさびしいお汁粉・・・

Simg_4767_2

ここから日ノ出山を越えて養沢へ。サルギ尾根から遠いし、いちどブレークしてしまったので精神的にもきついところです。でもこれもトレーニングの一環?です。

Simg_4769_2

35年前の中学生の冬に友人と訪れて以来の養沢鍾乳洞。小屋の跡形だけ残っていました。青い空と白い雪の印象は鮮明です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

多摩川源流ウォーク③ 鳩ノ巣・御嶽渓谷

23-24日に大雪が降ったあと、心配しましたが天気がよいということで予定どおりお集まりいただきました。

Img_1441

これは小田急線車内・厚木あたりから近所の大山。

Img_1445

青梅線車内から見た鳩ノ巣・城山。

Img_1449

雪の後もいいですね。

Img_1452

雲仙橋

Img_1456

紅葉は見頃のようです。

Img_1459

まだ暗い渓谷のなか、三段紅葉!

Img_1465

双竜の滝も見に行きます(足元が凍っていたらと、いちおうピッケルも持って行ったくらいです)

Img_1466

大岩の水神社もお参りしました この岩に巣くった鳩のつがいが鳩ノ巣のゆかりだそうです。

Img_1469

ここも橋をわたって行き来してみました。

Img_1476

30分に1本の青梅線を待つのに、線路を越えて山側も歩いてみました。

Img_1477

いい紅葉のカエデがありました。やはり手入れのある古道はいいですね。

Img_1490

御嶽に移動してお昼は多摩川が覗き込めるテラスのこたつでいただきました。おもしろい!

Img_1491

さあ後半、御嶽渓谷を歩きはじめます。

Img_1501

陽射しもあって紅葉最高です!

Img_1502

Img_1504

万世橋のあたり。

Img_1514

御嶽橋のふもと。ここも休憩によいです。

Img_1516

対岸の玉堂美術館のイチョウは散り始めていました。

Img_1523

小澤酒造を過ぎて軍畑へ、さらにひとがんばり。こんな細くなっているところもありますが、渓谷に近いところを歩ける貴重な径路ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

多摩川源流ウォーク ② むかしみち

Img_0720

2回目の向かう先は 小河内から氷川に向かうむかしみちです。

Img_0721

ダムサイトを軽く歩いて、青目不動尊休憩所にて そば定食をいただきました。

Img_0723

食後、御前山を見ながら下りていきます。

Img_0730

小河内ダムと同じ標高に近いづいてきました。

Img_0735

急斜面をぬける細い道もありますが、手すりをつけてくれているのでそこは安心です。

Img_0742_2

なかなかの色づきです。

Img_0749_2

中山集落。

Img_0763

ダム下の道に下り着きました。

Img_0766

惣岳渓谷のはじまり

Img_0768

植林と共存していますね。

Img_0771

Img_0775

Img_0784

これは有名ないろはカエデですが、いろんな色になっていました。

Img_0789

石灰を運んだ旧鉄路が見えます。これもむかしみちを象徴する風景ですね。

Img_0790

境の集落です 名水をくみました。

Img_0791

境橋のバス停から。最後にけっこうきれいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月29日 (木)

奥多摩・高水三山

月末、台風16号接近にともなって前週から延期した高水三山へ(20日⇒29日)。雨を心配しながら集合しましたがほぼ降られることなく、三山を順ぐりに登頂して楽しみました。

Mimg_6133

前回(2013年)は搦め手(?)で臨みましたので、今回はオーソドックスに軍畑からの周遊です。

Mimg_6136

キバナ・コスモスきれい

Mimg_6137

山間に入ると、多少の蒸し暑さを和らげてくれる清流。ヒガンバナも。

Mimg_6138

高源院から先、こちらを右に。養魚場の先から山道です(蒸し暑かった!)

Mimg_6140

涼しくなった稜線から常福院・山門へ。

Mimg_6141

靄の中を山内へ。

Mimg_6145

お不動さん=真言宗のお寺ですね。鎌倉古道・山の道に近いだけあって、当時の有力御家人である秩父・畠山重忠公がこの不動明王に深く帰依したとのことです。

Mimg_6143

立派な欄干です。往時の繁栄が偲ばれます。

Mimg_6149

なんとか降られずに山頂にたどりつきました。(少し下に屋根つきの休憩舎もあるのも念頭にありましたが)降られれずにご飯をいただけるのはありがたいです。

Mimg_6152

やったね。・・・ 延期により、半分くらい入れ替わってしまいましたが、大勢さんのご参加はありがたいことです。

Mimg_6157

40-50分ごとの三山がけ。ガスもはれてきました!

Mimg_6161

代表的な登山入門コースとあって、小気味よくピークが続いて人気のわけがわかります。

Mimg_6162

岩場は多いです。まだ濡れているのでご注意を。

Mimg_6163

岩茸石山を越えて、青渭神社のある惣岳山へ。

Mimg_6164

モミジバハグマというのもあったけど、これは「オケラ」(語源不明?)というらしいです。

Mimg_6165

あまり展望には恵まれませんでしたが、後半、西に御岳山・川苔山、東にはこの西武ドームなどが見えました。

Mimg_6166

ご神水。このあと滑りやすい道が続きましたが、我慢づよく一歩一歩丁寧に歩ききり、

Mimg_6174

駅近くの百年続く茅葺きの蕎麦屋・玉川屋さんで人心地しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

檜原・都民の森

三頭山源流域へ。

Simg_8529

五日市駅では雨がぱらついていましたが、山の上では止んでいました。

Simg_8528

森林館手前で、森1番の大木・トチノキに。木のチップが敷いてあってとても歩きやすい道だったのですが、大雨の直後かでけっこう流れてしまっていました。

Simg_8530

三頭の滝、水量が多いかな。

Simg_8532

けっこうスリリング。

Simg_8536

2ばんめの大木。

Simg_8538

雨のあとは、もうキノコ あとで森林館で聞くと、スッポンダケだとか。けっこうこわい話が付属していました。

Simg_8542

台風で水が多くなった沢沿いを歩いて森のテラスへ。昼食です。

Simg_8544

レンゲショウマやヤマホトトギスなど、

Simg_8543

晩夏・秋の可憐な花々に出会えました。

Simg_8547

野鳥観察舎 電気が通じているとは・・・

Simg_8549_2

幻想的でもあります 森林館へよく整備されてはいますが、木の橋はどもあってそこそこ長い道のりです。

Simg_8554

森林館に喫茶コーナーもありましたが、秋川の私の隠れ家に立ち寄って、新しい展望食堂でいっぷくしました。(昨年亡くなったという)阿藤さんもいらした、宿の母屋は数年前の年末、30分で!焼けてしまったのだそうです。

Simg_8555

とっても時間のかかったヤマメの炭火・塩焼き。お父さんが丁寧に焼いてくれました。出てくるまでいろいろおつまみを出してくださいました。

Simg_8556

ムサシ(8歳)は今日はちょっとごきげんななめ。そのむかし人懐こく出迎えてくれたご縁でここが好きになったのでした。やっぱりあの母屋のあったテラスがいいのかなあなどと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月25日 (月)

奥多摩① カタクリの御前山

それぞれ11名さまずつご参加いただいてにぎやかに奥多摩の山々へ。

Mimg_3163

車両を駆使して、標高600mほどの栃寄から歩き出し。森の家は月曜閉館で、トイレがないのに困った。

Mimg_3168

ここはまだまだ春でした。

Mimg_3169

本仁田山を眺めながら登山道に入っていきます。大滝経由のコースは通行止めになっているようです。

Mimg_3178

だいぶ端折りますが、屋根がある広場まで、樹林帯のたいへんな急登でした(下りは怖いかも)。この写真は沢筋の源流域に出て、広葉樹林で明るく広く、カタクリもちらほら出てきました。

Mimg_3192

私にとっては今年の初カタクリでした。20-30年前の群生とまでは及びませんが、鹿柵・網に覆われたところは数多く咲いています。そのほかはチラホラです。

Mimg_3187

おじさんたちが休んでいたところから、春霞(黄砂?)の向こうににうっすらと富士山が見えました。

Mimg_3195

頂上でゆっくり食事して、惣岳山からブナ立尾根を下りました。

Mimg_3200

コバイケイソウ

Mimg_3202

Mimg_3206

おっ、サクラ

Mimg_3209

月夜見山の向こうに三頭山だったかな?小河内峠もひさしぶりに行ってみたい。

Mimg_3210

ひたすら下りていくと、

Mimg_3218

植林帯を抜けてサス沢山に。新緑と湖面が美しい奥多摩湖を間近に見下ろせました。

Mimg_3220

さらに急になって緊張の下山。下部のもっとも急なところではお茶とお花の真新しいお供え物を見かけてぞっとしました。

Mimg_3224

小河内ダムに到達。ほっと一息!

Mimg_3229

今日の宿。水回りきれいで、料理もおいしく、とても過ごしやすい。

Mimg_3232

お風呂に入って、ビールを飲んで、大好きな氷川の散歩に出かけました。

Mimg_3238

あー魅力的。氷川のゴールデン街。

Mimg_3240

日原川を渡って周回。愛宕山がよく見えます↓

Mimg_3241

夜は夕方合流組も合わせて食事しました。朝夕はまだ涼しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧