« 赤城 鍋割山 | トップページ | 九重 平治岳と大船山 »

2017年5月22日 (月)

奥多摩 臼杵山

戸倉三山はおととしに市道山を歩きましたが、今回は最高峰の臼杵山へ。

Simg_1076

週末の五日市駅の大混雑にビビりました。バスで下本郷で下りるとすぐに写真のような都案口が。バスの中の大人数の人たち(おおかた都民の森行きでしょう)はどこへ行くんだろう?という感じでした。

Simg_1081

しばらく暑かったけど、稜線で少し風がぬけます。

Simg_1086

ヤマツツジがいいかんじで咲いています。

Simg_1088

休憩。今日のような日は給水がだいじです。

Simg_1089

緑の濃さに癒されます。静かな山歩きです。

Simg_1094

なかなかの急坂にあえぎましたが、展望が得られるところまで上がってきました。この暑さでは、樹林帯の木陰歩きはラッキーだったかもしれません。

Simg_1096

展望は9月に宿坊泊で歩きに行く、大岳山から派生する馬頭刈(マズカリ)尾根!

Simg_1098

北峰に着きました。有名なこま犬ならぬ こまネコ?

Simg_1102

南峰登頂。パシャリ。ちょうど時間もよくお昼にします。数人の男性単独行の方々が上がってきました。

Simg_1105

目にもよさそうな 萌える緑

Simg_1106

さて下りです。頂上直下はなかなかの急かげん。

Simg_1107

刈寄山や五日市方面に開けました。そういえば学生時代、この下のユズリハ窪とかで沢登りをしたなあ。落石で怪我したのですが。

Simg_1114

ヤマツツジィ

Simg_1116

アップダウンと暑さがきついものの癒してくれます。

Simg_1117

このあたりから樹林帯に入ります。

Simg_1126

北秋川の奥に、奥多摩の主峰、大岳山と御前山

Simg_1128

眼下の秋川の谷も深いですね。

Simg_1129

さてこれはビックリしました。グミ御前のグミは漢字で茱萸、大和言葉で、ドイツ語のグミとは区別されるようです。この漢字のシュユというのはミカン科のまた別の植物もあるようです。むずかしい・・・(Wiki)。

5月の山を愛でながらよく歩きました。次は残る、刈寄山へ!? ご参加いただいてありがとうございました。

|

« 赤城 鍋割山 | トップページ | 九重 平治岳と大船山 »

☆奥多摩を歩こう!」カテゴリの記事

★山歩塾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩 臼杵山:

« 赤城 鍋割山 | トップページ | 九重 平治岳と大船山 »