« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月22日 (月)

奥多摩 臼杵山

戸倉三山はおととしに市道山を歩きましたが、今回は最高峰の臼杵山へ。

Simg_1076

週末の五日市駅の大混雑にビビりました。バスで下本郷で下りるとすぐに写真のような都案口が。バスの中の大人数の人たち(おおかた都民の森行きでしょう)はどこへ行くんだろう?という感じでした。

Simg_1081

しばらく暑かったけど、稜線で少し風がぬけます。

Simg_1086

ヤマツツジがいいかんじで咲いています。

Simg_1088

休憩。今日のような日は給水がだいじです。

Simg_1089

緑の濃さに癒されます。静かな山歩きです。

Simg_1094

なかなかの急坂にあえぎましたが、展望が得られるところまで上がってきました。この暑さでは、樹林帯の木陰歩きはラッキーだったかもしれません。

Simg_1096

展望は9月に宿坊泊で歩きに行く、大岳山から派生する馬頭刈(マズカリ)尾根!

Simg_1098

北峰に着きました。有名なこま犬ならぬ こまネコ?

Simg_1102

南峰登頂。パシャリ。ちょうど時間もよくお昼にします。数人の男性単独行の方々が上がってきました。

Simg_1105

目にもよさそうな 萌える緑

Simg_1106

さて下りです。頂上直下はなかなかの急かげん。

Simg_1107

刈寄山や五日市方面に開けました。そういえば学生時代、この下のユズリハ窪とかで沢登りをしたなあ。落石で怪我したのですが。

Simg_1114

ヤマツツジィ

Simg_1116

アップダウンと暑さがきついものの癒してくれます。

Simg_1117

このあたりから樹林帯に入ります。

Simg_1126

北秋川の奥に、奥多摩の主峰、大岳山と御前山

Simg_1128

眼下の秋川の谷も深いですね。

Simg_1129

さてこれはビックリしました。グミ御前のグミは漢字で茱萸、大和言葉で、ドイツ語のグミとは区別されるようです。この漢字のシュユというのはミカン科のまた別の植物もあるようです。むずかしい・・・(Wiki)。

5月の山を愛でながらよく歩きました。次は残る、刈寄山へ!? ご参加いただいてありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

赤城 鍋割山

群馬滞在3日目・最終日。やっといい天気になりました。

Simg_1013

八重桜残る みのわ登山口から出発。

Simg_1014

やっぱり陽射しはいいなあ。緑もよろこんでいるふうです。

Simg_1017

レンゲショウマを植生されている方がいらっしゃいました。コンセンサスはあるのでしょうが。盗られてしまうことが多いようです。

Simg_1018

カタクリ!赤城山は春からやっと初夏へGWの気候。

Simg_1019

稜線に着きました。暑いくらい。

Simg_1026

よく晴れて谷川連峰・上州武尊・苗場山などの雪山もバッチリ。

Simg_1028

うれしいなあ。

Simg_1024

キジムシロ!と思っていたら、解説板があって、三つ葉が特徴のある「ミツバツチグリ」とおいうのだそうです。

Simg_1033

スミレさん

Simg_1043

オオカメノキの花がきれい!

Simg_1041

広い頂上に着きました。少ない木陰を得てランチタイムです。

Simg_1039

白い雲も気持ちいい。

Simg_1054

目の前はの荒山(その後ろは地蔵岳)にも登ろうかと思っていましたが、

Simg_1058

すでに楽しい稜線歩きが楽しめたので、赤城の大沼方面を訪れることにしました。

Simg_1060

こちら、富士山も見える小ピークに上がって、湖畔まで歩いて下りてもらいました。

Simg_1068

2日前に気温8度の寒さで昼食にストーブの横でうどんをいただいた「バンディ塩原」で、今回はアイスクリームをいただきました。暖かくなってよかったです!

鍋割山は山麓から平野への広い展望もよく花々も多く、6月になってからのレンゲツツジもよさそうで、ぜひまたきたいですね。ご参加いただいてありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

袈裟丸山(小丸山でこまるの巻) 

袈裟丸山は伊勢崎-桐生が雨降る中、登山口へ。

Simg_09471

スタートあとはじきに降りやみましたが、下がゆるくて歩きにくい。この山で雨は初めてだった。

Simg_09491

麓のような本降りは避けれて、日中の天候回復に期待しますが、夕方・雷雨の予報もあってハイペースです。

Simg_0953

見えました、袈裟丸山!

Simg_0958

そして見えてきました。満開期のアカヤシオ!

Simg_0961

岩に咲くことの多い花ですが、このあたりではなだらかなのに多いです。

Simg_0973

雨がやんだのでだんだん花も回復してきます。

Simg_0972

こちら歩く方は悪戦苦闘がつづきます。

Simg_0978

12時ごろ、青空も出たところで、チャンスとばかり早めのお昼にしました。ほんとうは小丸山まで行ってと考えていたのですが。

Simg_0981

アップダウンを歩き始めるとまたガスの中へ。

Simg_0984

小丸山で本降りとなってしまい、ここから往復2時間半を考えると断念せざるをえませんでした。この山域は電波が届かずに、朝の北関東・雷雨予測が頭から離れなかったからです。

Simg_0992

さて小一時間で、賽の河原まで戻ってきてみると雨が小降りに。

Simg_0995

そして明るくなってきてしまいました!なんだこれだったら行けたかな。いやいや下のぬかるみがなんとも足かせだし、頂上直下のよじ登りと急降下ではリスキーだったでしょう。

Simg_1005

ということで さようなら袈裟丸山。また来ます。ことしの11月に??

Simg_1012

はづきさんは 辻さんにバトンタッチ。山梨の山に向かわれました。5月中旬の晴天を期待しましたが苦しい天気・歩きになってしまいましたが、アカヤシオは絶好の時期でした。ご参加いただいてありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

芦ノ湖ウォーク 春 前半

小雨ぱらつく天気となってしまいましたが、緑深い箱根ではそれもまたよし。

Simg_08151

桃源台から湖尻 みやげ売店よこにけっこうな大木

Simg_08161

よいしょ、と聞こえてきそう。

Simg_08251

その後もブナの大木を見ながら、けっこう長い遊歩道を東へ。九頭竜神社さんは遠目から参拝。写真は駒ケ岳登山道標識。いまだに登山禁止でどんどんさびれいっているようです。

Simg_08371

箱根園で休んで軽く昼食。そこまで静かでしたが、写真の、ツツジが見ごろを迎えていた山のホテルだけすごい人出。

Simg_08401

入場料をおさめて、雨中のツツジを見て回りました。

Simg_08531

シャクナゲも咲き始め。

Simg_08581

Simg_08671

ホテルの中を通ろうとしましたが、人が多くてあきらめました。

Simg_08741

Simg_08751

箱根神社も参拝。ここは空いていました。休憩所が新しくなっていました。

Simg_08801

Simg_08831

富士山も見える方角もこのとおり。船と鳥居。

Simg_08871

関所を通って、茶屋でお茶と団子でひと息。無事に行程を歩ききりました。静かな箱根をお楽しみいただけたのではないでしょうか。秋の2回目(西海岸歩き)では天気がよくなるといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

栃木昔町ウォーク

栃木ウォークは猛暑日に。

Simg_07431

水運で栄えた栃木。 田植えが始まって川の水位低く。

Simg_07471

おか遊覧!ちょんまげセットあり。

Simg_07511

着物もきれます。

Simg_07521

おととしの洪水のさいはたいへんだったようです。

Simg_07621

往時の水運・蔵の街。

Simg_07561

資料館で、三味線をひいて語ってくれるおばあさん。手前のおじさんも人形。佐渡でこういうのを見たばかりでした。

Simg_07651

山車

Simg_07751

水位は低いですが、水はきれいです。

Simg_07791

そばも美味しかった!

Simg_07881

あんがい木立が少ないなかで 木陰を求めてちょっと寄り道。

Simg_07891

お味噌やさん

Simg_07951

あまり暑かったので、午後早々に近くの大平山・謙信平に移動・避難。緑の下で冷甘酒・かき氷をいただいて人心地しました。

Simg_07961

太平山神社にお参り。やっぱり緑の中はいいなあ。

Simg_08051

シャガがきれいでした。栃木駅にもどって解散。ご参加ありがとうございました。

Simg_08081

帰りみち、足利へ。昨年7月にガンで急逝した学生時代からの友人宅へお線香をあげに行ってご両親と一時間ほどお話ししました。例幣使街道沿いで、明治天皇もご休息された?名家です。ここをベースに上越・尾瀬や東北の山へよく出かけました。まだまだいっしょに山に行けると思っていたのにさびしいことになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

佐渡行き 観光編

Simg_06641

旅館の夕食 意外に不評なズワイガニ 食べるのめんどー デザートはおけさ柿!

Simg_06691

意外に好評な 佐渡おけさ 入場・退場がかっこいい!?

Simg_06751_2

翌日:あんまり近くに見えすぎてびっくりの トキ(あちらからは見えない)

Simg_06881

真野御陵によって、宿根木の船頭古民家へ。ていねいな説明を受けます。

Simg_06991

記念写真を撮ってくださいました。

Simg_07021

三角家。吉永小百合さんのように映りませんか?いやよー

Simg_07071

小木のすし屋で昼食。皆さん海鮮丼。わたしはイサキ焼き魚。

Simg_07111

ここは外せない。歴史民族館。世阿弥の神妙な舞いに見入ります。

Simg_07151

長谷寺・ちょうこくじ。ぼたんが咲き始めていました。三本杉・りっぱな伽藍を見て、両津港に急ぎました。

Simg_07341

新潟解散。みなで同じ新幹線に乗りました。銘酒・北雪、おいしかった。2日間、めいっぱい遊びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

佐渡行き 登山編

山歩塾3度目の佐渡行きはにぎやかで 花も最高時期となりました。

Simg_04781

北陸新幹線同様、トンネルとガードの多い上越新幹線。でも八海山・越後駒ケ岳(写真)、巻機山は見逃せません。

Simg_04841

新潟集合にて前夜祭? わっぱ飯発祥の老舗に集います。

Simg_04851

美味しいです。

Simg_04991

朝のフェリーで佐渡の渡って、アオネバ渓谷へ。

Simg_05041

イワカガミが迎えてくれます。

Simg_05171

花を見ながら ゆっくり上がります。

Simg_05221

ニリンソウの中にシラネアオイ登場

Simg_05251

ムラサキエンゴサク

Simg_05341

シラネアオイ 本気に出てきた

Simg_05471

ヒトリシズカも

Simg_05481

きれいっ

Simg_05511

ういういしい

Simg_05581

数もおおい

Simg_05531

まさにシラネアオイみち

Simg_05561

渓谷歩きですが 斜度がついてきます

Simg_05621

ユキワリソウも少し残っていました。

Simg_05771

またニリンソウが増えてきました。

Simg_05811

Simg_05911

晴れきました よかったわねー

Simg_05951

カタクリもきれい

Simg_05961

陽が当たるとまたきれい

Simg_06011

十字路に上がりました。

Simg_06021

金北山はまだ残雪あり

Simg_06031

ドンデン上はカタクリすごい

Simg_06171

こんなのが延々とつづきます。

Simg_06091

キクザキイチゲもみっけ。

Simg_06241

ドンデン高原 風つよし

Simg_06351

半数 登頂

Simg_06281

カタクリ街道

Simg_06361

頂上を越えたらすこしおさまった

Simg_06411

ドンデン山荘 湧水コーヒーでいっぷくして下山しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

GW 小田原 丹沢湖

こんにちは! 1日に5月号通信をヤマトさんに預けましたので、2日以降にお届けできているかと思います。GWは前半はいい天気に恵まれそうですね。山歩塾はちょっと休みますが、皆さまどうぞお楽しみください。
 
私はたまってしまった ブログの更新と、要項の作成、家族サービスに勤しみします。ブログといえば、写真を楽しみにしていただいていますが、広く吹聴していますとおり 中旬にカメラをなくしてしまったために、前半の写真が残っていないものもあります。寂しーー
 
さて、2007年以来 長らく続けていた このブログですがガイド業務13年のうち 10年続けてきたわけで、さすがにサーバーさんの許容容量がいっぱいになってきそうです。これまた寂しいことですが、2010年以前をめどに整理していきます。なるべく他所で写真なども残していきたいと思っています。
******************************

Simg_0363

3日は、小田原 北条五代まつり うれしいな 高嶋・氏直公 登場。

Simg_0374

出撃の鉄砲とか、沿道は大盛り上がりでした。

Simg_0386

天狗のゆるキャラ? はっちおうじ。

Simg_0416

4日は丹沢湖へサイクリングへ。

Simg_0421

千代の山園地に登ると、

Simg_0437

緑深い権現山

Simg_0438

富士山もきれい

Simg_0455

三保ダム上にもどると えっカモシカが!

Simg_0465

帰りがてら、新規オープンした つぶらの県立公園に寄ってみました。大野山が目の前です。そこそこ人が来ています。

Simg_0474

舗装路がずいぶん整備されていました。登山的興味はうすいですが、大野山へのルート開拓はできるかしら。久しぶりにカフェ・リーフスによって帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上高地アルプス山荘

山歩塾会員さまへ 通信にてお知らせしている「アルプス山荘」について:以下に詳細を転記します。今年は山歩塾プランにて利用する機会もなさそうで、皆さま機会ありましたら、どうぞご活用ください。詳細は高橋にお気軽にお尋ねください。

******************************

上高地アルプス山荘    

北アルプスの玄関口、上高地で山荘を運営しております。この施設は、本会会員および賛助会員の研修・研究施設として、また、保養施設としての利用を奨励し、健康の増進と山岳への理解を深める、本会事業のセンターとしての位置づけをしております。   

[ご利用の案内]  以下の案内をを必ずご覧のうえお申し込みをお願いします。※ 高橋 経由にて申し込みます

【紹介ビジター様=会員の皆さま】の予約のお申込み:原則 宿泊希望日の7日前までに(高橋には10日前くらいまでがまちがいありません)、高橋にFAXかメールにて 申込書 を送ってください。

申込書」をダウンロード

〒390-1516  長野県松本市安曇上高地4468  tel:0263-95-3501 fax:0263-95-3502

営業期間  平成29年4月26日(水)~11月12日(日)宿泊まで  

Photo     

●予約の取り消し (本規定は宿泊約款等ではなく、本会の定める規定です)
 【取消料金】
 7日前~2日前・・・宿泊者1名につき、宿泊料金の20%
 宿泊日の前日・・・ 宿泊者1名につき、宿泊料金の40%
 宿泊日の当日・・・ 宿泊者1名につき、宿泊料金の80%
 無連絡での不泊・・宿泊者1名につき、宿泊料金の100%
 
☆連泊予約における「全部」取り消し規定:連泊予約において、全ての宿泊日を同時に取り消した場合、第1泊目分のみ規定の取消料がかかります。
☆連泊予約における「一部泊数」取り消し規定:連泊予約において、一部の宿泊を取り消した場合、取り消した日数にかかわりなく1泊分の(取り消しをされる初日)のみに対し規定の取消料がかかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

 鎌倉路地歩き②

JR鎌倉駅・西口より出発。

Simg_0286

今回は長谷方面を常盤まで抜け切ります。

Simg_0289

御成小学校 皇族子女が御用邸があったころに通われたそうです。

Simg_0291

吉屋信子記念館 鎌倉三大塀

Simg_0292

移築だそうですが、ファンの方もいらして、作品にふれて私も少し興味がわきました。

Simg_0293

徳川の夫人たち 女人平家 源氏物語・・・

Simg_0295

つぎにやはり 文学館へ 駅前は学生さんたちで大にぎわいでしたが さすがにこの界隈は静かです。

Simg_0297

ツツジが咲き始めでした。

Simg_0298

旧前田家別邸

Simg_0302

今は 夏目漱石の特別展示がありました 今年は150周年でしたか

Simg_0305

これからこの大株も花咲くでしょう 有名なバラは5月下旬からのようです。

Simg_0307

緑が目に沁みます。

Simg_0311

近代建築 いま子ども館

Simg_0312

甘縄神明社に参拝

Simg_0316

人ごみすごい 長谷の通りを歩いて お蕎麦屋さんへ

Simg_0315

栞庵さん オープンしてまだ1年 写真は大盛り 皆さんは とろろ おろしを。おいしかったです!

Simg_0318

さて、江ノ電を渡ってすぐのところ 見なれた山だとギャラリーにうかがうと たしかに矢倉岳だと。貼り絵の内田正泰さん、御年94歳だそうです。作品の数々が とてもきれいだったのでいくつか買い求めました。知らなかったー 路地歩きならではの発見でした。

Simg_0323

いちど由比ヶ浜に出てからは、坂の下の路地をくねくね歩きます。こんなところにというところの古民家カフェにたくさんの人が集まっていましたが、ドラマの舞台になったことがあるそうです。

Simg_0324

むかしの港町を思わせる家々。

Simg_0326

極楽寺に。

Simg_0330

大休止。これから今回唯一の峠?越えです。

Simg_0336

阿仏尼ゆかりの月影地蔵堂を過ぎると、往年の鎌倉の姿をとどめるのどかな景色に。

Simg_0337

ちょっと急かなという坂を上がると、バケトン(お化けトンネル)で、ラクに往年の峠みちを抜けられます。笛田を過ぎて藤沢との交易路だったのです。

Simg_0340

しばらく山深いかんじですが、すぐに住宅地に入りました。

Simg_0341

バスどおりに出て、梶原入り口手前の 星野珈琲でいっぷくしました。鎌倉に出るバス停が 板敷で壁に張り付けてあったのでわからずに一つ向こうまで歩いてしまいました。

ヤマブキや新緑の美しい古都歩きを楽しめました。ご参加いただいてありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

秋川丘陵-網代城山

秋川丘陵としてお誘いしましたが、じっさいには網代山・城山をつないで歩きますので先日の滝山丘陵よりきつめでした。
Simg_0212
秋川駅集合。駅前にずばり今回のコースがわかりやすく案内されています。オリジナルかと思っていたくらいなのに(+_+)。
Simg_0215
秋川を渡ったところで大岳山。バスもあったのですが、歩いてしまえと歩きました。

Simg_0219

さきほどの駅前の地図だと、サマーランド手前・元ボーリング場奥からの通常ルートは忌避されているようなので、左側から大きく尾根を回りこんだのですが、あまりいい道ではなく、「通行できません」(左下から上がってくる道)と表示されているわりにはいまだにフォローが十分でなさそうでした。

Simg_0220

ウワバミソウ? 葉っぱだけからですが。

Simg_0223

竹林が整備されています。

Simg_0230

緑が深いです。ここも二条城という山城跡のようです。

Simg_0238

サマーランド上のあたりで、左に尾根を外れた歩きやすい道になりますが、途中の分岐でMTBかで走りこんで道幅の広い道が交錯して迷いやすいところがありました。

Simg_0240

ツクバネソウ 山野草が多くありました。

Simg_0241

雹留山・ひょうどめやま この看板は、この奥に少し上がった高み(↓写真)を指しています。

Simg_0246

地形図では少し手前ですが、これだけ思い入れのあるところであればここでいいでしょう。下の道幅広いところでお昼にしました。

Simg_0243

これはミツバツツジでしょうがちょっと遅め(おそらくサクラの開花とほぼ同時期と思われます) 山の中にはヤマツツジが咲き始めていました。

Simg_0248

雨がぽつぽつ降りましたが、緑が深い中を歩きます。

Simg_0251

五日市ゴルフ場のわきを通って、山田大橋のほうに下ります。ガイドブックなどではこれで五日市線の駅に出て終了のコースですが、今回は もう一つのコース、写真奥の山々・網代山をつないで歩きます。

Simg_0255

網代会館にてトイレをお借りして、網代山へと向かいます。少しゴロゴロと鳴りました。

Simg_0260

なかなか怪しいかんじです。

Simg_0262

神社さん社域に入りました。ずっと雨雲レーダーを見ていましたが、ここにきて思ったよりも早く、あと小一時間で強雨通過の予報・・・ 戻ることも頭をよぎりましたが、山を越えても時間はさほど変わりません。

Simg_0266

ツツジと展望の頂に登頂!

Simg_0270

となりの通称?花見山からの広い展望。東側はまだ明るい。

Simg_0267

えー、まだあそこを越えるのかーのため息・・・

Simg_0275

ペースはさほど落とさず歩き続けて、ここも山城跡の「網代城山」(↓)に到着しました。

Simg_0276

このあと、予定の小峰公園でなくて最寄りのバス停に急いだところ、1時間に1本のバスに乗ることができ、乗車の後すぐに強雨に見舞われましたからラッキーでした。低い山でしたがアップダウンの多い山で、ツツジなど山野草がいいころでした。 ご参加いただいてありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »