« 南房総 大房岬 那古 | トップページ | 石神井川ウォーク① »

2017年1月22日 (日)

鳥手山-鷹落場

下旬、鳥手山のトレーニング山行へ。

Simg_3120_2

山北の先の平山の集落からの周遊です。

Simg_3122

大野山の後ろに丹沢の連山が、新鮮な距離感で見えます。

Simg_3127

そして富士山!冷たい風に吹かれて引き締まっています。

Simg_3133_2

干支の山_鳥手山はなんとも地味なピークでした。手前のトラバース道で橋のかかっているところが足元がせまくて凍ったりするといやらしそうでした。

Simg_3135

最近の山と高原地図では実線のルートになっているようですが地形を確認しながら進みます。

Simg_3138

植林帯を抜けて心地よい(でもこの日は寒い)雑木林です。

Simg_3148

そんな林に覆われた鷹落場はいいピークでした。静かで通好みの山といえます。

Simg_3151

塔ノ岳から蛭ケ岳への雪の丹沢連山もくっきりです。

Simg_3162

多くのヤマザクラの大木。4月に人知れず咲くのでしょう。

Simg_3156

マイナーないいルートを見つけました。矢倉岳の奥に箱根の山々もよく見えました。

Simg_3166

山伏平からV字ターンで復路に入ります。ご健脚の方は矢倉岳を越えて矢倉沢にも下りられるでしょう(そうするとせっかくの山稜のよさの印象がうすれてしまうかもしれませんが)

Simg_3172

浜居場を越えて展望地では檜洞丸から大室山への西丹沢の峰々。

Simg_3173

大野山と菰釣山。

Simg_3180

きれいなトイレもあり。でもここから洒水の滝方面・平山には通行止めにて、林道ショートカットコースへ。

Simg_3182

歩いてきた鳥手山-鷹落場の奥に富士山がもう一度。

Simg_3184

そうそう、小田原から海の景色もいいです。

Simg_3185

眼下に東名高速が見えてきました。

Simg_3190

暗くなるまでにスタート地点に戻りました。登山開始時間も遅かったかな。週末なのに山中ではだーれも会いませんでした。タクシーでも使えばもうちょっと短くできたかもしれませんが精鋭メンバーにて15kmを越えて歩いて回りました。松田にてラーメンでお腹を暖めました。ご参加いただいてありがとうございました。

|

« 南房総 大房岬 那古 | トップページ | 石神井川ウォーク① »

★神奈川の山を登ろう!」カテゴリの記事

★山歩塾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥手山-鷹落場:

« 南房総 大房岬 那古 | トップページ | 石神井川ウォーク① »