« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月21日 (水)

武蔵野・野川 ②

国分寺から歩いた野川の2回目。蕎麦をいただきながら近郊の緑地歩きを楽しみました。

Simg_2230

多磨霊園の側道から、野川に入るとわかりやすい看板がありました。

Simg_2237

気持ちのいい野川公園

Simg_2236

冬枯れでも気持ちよく、サクラや紅葉の時もいいでしょう。

Simg_2243

水車小屋が保存されています。

Img_2244

説明の方がとても親切にお話しをしてくださいました。

Simg_2249

丁寧な説明板もありましたが、ゆっくり滞在できず残念。

Simg_2261

野川を少し離れて西口から深大寺へ。まだ紅葉あり。

Simg_2274

見どころ多そうです。

Simg_2264

ん、鬼太郎? 11月の境 以来、早い再会です。

Img_2266

数あるお店のなかで今回は こちらのお店。

Simg_2268

大きいテーブルにご案内いただきました。深大寺ビールとともに蕎麦をいただきます。

Simg_2269

忘年会にいらっしゃれなかった方もいらして忘年会みたいです。

Simg_2277

白鳳期の釈迦像もすばらしいですね。寺の裏に植物公園があります。

Simg_2278

今年は紅葉時期が長いですね。

Simg_2285

ハケに位置する有名な 多聞院坂!

Simg_2288

さて野川に戻ります。

Simg_2290

地元の会員さんの案内で、土の道へ。

Simg_2291

落ち葉の気持ちいい道を下りて、また野川を歩きました。4月、3回目を歩くことにしました。成城大学近くを通って多摩川に抜けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイヤモンド富士・高尾山

今回は うかい亭奥の中沢川をつめて南高尾山稜から回りこんでみました。

Img_2302

いいですね、ここ。前に住んでいた つきみ野のお店とは雰囲気や内容がちがうようですね。

Simg_2304

いつか機会を作って来てみたいです。

Simg_2309

寒い中沢川上部から南高尾山稜に上がると陽差しがあたって明るく暖かくなりました。

Simg_2312

コンピラ山のベンチ、空いていました!

Simg_2313

ザックかけ が並んでます。

Simg_2314

ここで2回目のお昼にしました。

Simg_2317

この辺りの最高峰・大洞山を抜けて大垂水峠に下りました。

Simg_2321

高尾の十三路に上がって、さきほどまでうっすらとだった富士山が姿を現しました。

Simg_2322

21日は図らずも冬至の日で今までになくたくさんの人で混んでいました。

Simg_2327

これは山頂は混むだろうと、今回は手前の紅葉台にて見届けることにしました。

Simg_2326

この春に通りかかったときにすすめていただいた、おいしいナメコ汁をいただきます。

Img_2328

いい色になってきました。左の尖峰は大室山です。

Img_2353

こんな感じに無事にダイヤモンド富士を拝みました。

Img_2365

山頂にはパトカーが来ていてすぐに暗くなるので下山にかかるように放送していました。日没後の空の色がこれまでになく美しかったです!皆さまご参加をありがとうございました。それではよいお年をお迎えください! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

丹沢・檜岳

天気に恵まれ続ける12月の山。

Simg_2147

山歩塾では初めての檜岳へ。

Simg_2162

雨山峠への道はがけ崩れ多く、

Simg_2167

沢筋もあり(けっこう楽しいですけど)

Simg_2171

上部には雪が残る難路。奥の木梯子を上がると峠です。

Simg_2174

まあ、あまり一般的でないということで。とくに下らないほうがいいかもしれません。鍋割のほうに向かう猛者もいましたが。

Simg_2178

稜線では冷たい北西風にも吹かれましたが丹沢の奥山がずらりとよく見えました。

Simg_2182

雨山の広い尾根に出ました。

Simg_2185

天城・伊豆・真鶴方面にすばらしい展望です。

Simg_2187

山や海を眺めらてほっとしたところで食事にしました。

Simg_2198

青空のもとイエイ!

Simg_2199

なんといってもこの富士山!

Simg_2200

こういうのもまたよし。

Simg_2202

御正体山のほうだったか。

Simg_2203

菰釣、道志、三ツ峠のほうかな

Simg_2204

Simg_2206

檜岳を経て意外によくなっていた林業の道を下山できました。

Simg_2211

我が家の鶴巻ある弘法山、江の島、三浦、房総まで見えます。さあ、帰りましょう。

Simg_2216

河原に出ました。近くにいらした親切な方々が渡渉の手助けをしてくださいました。またいい山歩きができました。ご参加いただいてありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

望年会・神田川③

小雨・寒さで心配された日本橋からのクルーズでしたが毛布にくるまってなんとか出航。

1213

日本橋川を隅田川へ

1214

水炊きいいなあ~ 聖路加

1215

今回の名ガイドさん 噺家さんらしいです 90分話しぱなし あっぱれ

1216

隅田川を寒かったけど神田川(外堀)に入るとだいぶおさまってほっとしたかんじです。

Simg_2093

ときおり紅葉も。江戸時代からの興味深い歴史の話を楽しみました。

Simg_2094

このあたりは仙台の伊達藩が(北側からの攻めへの備えに)掘らされたようです。

Simg_2106

ほんどうに江戸城の史跡も多く残ります。ひじょうに価値あるもののようです。東京に住んで通学して勤めていましたがこのように川(運河)から東京を見たのは初めてでじつに興味深い体験でした。

Simg_2137

このあと銀座の北京料理店の個室にてふかひれスープ北京ダッグなどを楽しみました。一年ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

中央線・権現山

上野原駅 から旧甲州道を越えて林道を奥へ。

Img_2006

和見峠から歩き出し、樹林帯を抜けると富士山が登場

Img_2013_2

小澤さんがワイルドにバージョンアップ!

Img_2012

雨降山下からのなだらかな稜線は魅力的です。

Img_2015

あんまり平らなのでMTBも来ていました。トレランさんに見つかりませんように。

Img_2023

小さい社のうしろ、ちょっと滑りやすい急な登りを終えると扇山の上に富士山のワイドな絶景が望めます。山頂で昼食をとって記念写真! 富士山がすばらしかったのですが、私はうまく取れませんでした。どなたかきれいに写されていませんでしょうか?

Img_2024

奥多摩の雲取山や三頭山から笹尾根・高尾山へもよく見えました。

Img_2033

帰りには雨降山に立ち寄りました。

Img_2038

冬枯れの時期に緩やかに続く尾根歩き。いい山でした。 

Img_2039

12月に入っていい天気が続きましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

御坂 黒岳

忘年山行2日目は御坂 黒岳へ。

Simg_1910

御坂峠下から、薄暗い沢道を上がっていきます。

Simg_1912

沢から離れると尾根まで急登。尾根の上も急登。

Simg_1923

隣の三ツ峠の上はうっすらと白くなっています。

Simg_1920

(前日同様)早朝 雲に覆われていたやっと富士山が見えてきました。

Simg_1928

少し傾斜がゆるんだところで休んでさらに登り続けます。

Simg_1940

累々と連なる御坂の山々の向こうに、

Simg_1938

聖岳からの南アルプス連山、右には白峰三山が見えてきました!

Simg_1941

霜も目立ってきました。

Img_1944

山頂手前、絶景ポイントにてランチタイムに。

Simg_1956

冷えないように。

Simg_1958

富士山だけでもきれいですし、

Img_1951

河口湖と中の島も入れておもしろいですね。

Simg_1962

山頂付近、さらに白く、

Simg_1963

黒岳に至りました。冷たい北風が吹き通ります。甲斐駒、八ヶ岳や奥秩父の山々の展望が加わります。

Simg_1978

御坂峠、以前S君とテントを張ろうとやってきたら、小屋のおじさんに泊まるように進められて世話になったことを思い出します。ずいぶん前にお辞めになられたようです。中をのぞいて囲炉裏や間取りを見ると懐かしくかんじました。

Simg_1979

さらに御坂山を越えることも考えていましたが、これまででかなりご満足いただけたようでもあり、古(いにしえ)からの峠道を下山することにしました。

Simg_1985

1時間と少しで出発点に降りてこれます。

Simg_1986

富士山麓はレジャー施設が豊富ですが、閑散時期でもあり、河口湖畔の美味しいパン屋さんにもよりたかったのですが、今回はこちらにしました。

Simg_1989

充実山行、下山後のひとときに幸せをかみしめます。こういうの・ああいうのがいいですね、というのを教えていただきながらガイド歴を重ねてまいりました。今年もいい一年でした。来年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 6日 (火)

杓子山・鹿留山

明神ケ岳の予定が、ご参加者との相談で、泊りがけの富士山周辺の山々に向かいました。
 
Img_1846
先ずは杓子山へ。今回の候補地でもあった三ツ峠山です。

Img_1852

けっこう好きなフジアザミのドライフラワー。

Img_1857

河口湖の向こうに十二ケ岳・鬼ヶ岳、節刀ケ岳の御坂山脈。

Simg_1859_2

富士山!雲に覆われていましたが山頂につく頃に取れました。

Simg_1863

吉田の街がよく見渡せます。まだ秋色ですね。

Simg_1872

昼食あとに鹿留山に向かいます。

Simg_1873

小さな岩場。

Simg_1886

分岐あり。山頂往復へ。

Simg_1881

むしろ下り気味にて、静かな鹿留山山頂。杓子山まで来ても、来ないことが多いので久しぶりです。

Simg_1883

さあ、険しい下山に向かいます。

Simg_1889

ロープが張られていてくれます。

Simg_1894

富士山てかてか。(午後なのにまだ東側が光っていますね)

Simg_1895

例年のこの時期のように冷えて凍っていたら通れないかなあと思っていましたからよかったですけど、(それほどでないですが)広河原峠からの下りを思い出します。

Simg_1899

坂の下ではこのように平坦になります。

Simg_1905

忍野まで歩いて、タクシーで車を回収して、日没直前の富士山を見て山間の湯宿に入りました。ささやかな忘年山行です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 2日 (金)

明治神宮ウォーク

年に数回の都内ウォーク。都内の自然が残るところや歴史的由緒が残るところなどをつないで歩いています。(これまでは早稲田(2月)、神宮外苑(11月)を歩いて、次の2月には神楽坂を歩きます。

Ssimg_1684_2

予定より数日延期しましたが、今でしょ、とばかりの黄葉! 参宮橋・北口から入ります。

Ssimg_1687_2

園内は静か。うっそうとした、百年の森。

Ssimg_1696_2

散歩・ジョギングする人のほか、野鳥を撮影する方、スケッチする方など、皆さん、思い思いに過ごされていました。

Ssimg_1711_2

西参道口から 参拝させていただました。

Ssimg_1720_2

御苑に入ってみました。すばらしい隔雲亭、皇后さまのお休みどころだったとか。

Ssimg_1725

紅い紅い。

Ssimg_1736

南池沿いに清正井に向かいます。

Ssimg_1742

6月の花菖蒲もよいとか。

Ssimg_1744

12月に入ってもこの紅葉。

Ssimg_1749

清正井。撮影・ご参拝の方が列を作っていました。渋谷川の源流(源泉の一つ)にもなっているようです。このようなところが神聖な場所になりうる例が多いですね。

Ssimg_1769

正門のクスノキ(常緑樹)は5月ごろに葉を落として生え変わるのだそうです。表参道を下っていきます。

Ssimg_1773

ここから左折して渋谷川の暗渠を歩いていきます。ブラタモリみたいですね。

Ssimg_1774

LEGALの原宿らしい瀟洒な建物。

Ssimg_1782

お昼はちょうど近くにあった自然食レストランに。

Ssimg_1780

玄米ご飯に大豆お肉?の唐揚げ 今でこそオーガニックは広まっていますがここは老舗のようです。

Ssimg_1799

熊野神社を過ぎて青山に出て246号を渡り、墓地の中をちょっと周りました。

Ssimg_1815

外苑前並木道、少し終わりかげんでしたが、この美しさ。

Ssimg_1817

なかなかの人出でしたが、昨年の混雑に比べたらたいがいです。

Ssimg_1826

東宮御所から四谷まで歩くことにしました。今回は各所できれいなイチョウが見れました。左側には学習院の小学部、このように近かったのですね。

Ssimg_1832

今回はかすかに残る秋の終わりを感じながら歩けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南すごろく⑩

湘南すごろく10回目は往路最終回にて湯河原へ。雨あがり、奥湯河原の不動の滝やさらに奥の紅葉を見て洋食ランチをいただき池峰の静かな散策路を万葉公園まで歩きました。
 
画像を探しているのですが、手元に見つからないでいます。消してしまったかもしれません(*_*)。ご参加者の方で、もしお画像を持ちの方がいらしたらお送りいただけませんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »