« 湘南すごろく③ 引地川-江の島 | トップページ | 河村城址-洒水の滝 奥山家 »

2015年12月 4日 (金)

有間峠から川苔山

3日の予定は雨天キャンセルにて、参加者全員が飯能からのバスに乗車して、バス終点・名郷の宿・笑美(わらび)亭さんに前泊。翌日から有間峠から川苔山を目指しました。

Mimg_7966

自家製お味噌・漬物など お料理もゆずお風呂も、そしてお話上手なご主人も、私のお気に入りのこのお宿。ヤマノススメの聖地でもあります。

Simg_7967

6時半食事の7時半出発が叶いました。気温も低からず、心配された強風もここからではですが心配なさそうです。

Simg_7974

さて裏ワザ?にて、有間峠から歩き出せるのです。

Simg_7970

広葉樹林の尾根上で、すでに東側にスカイツリー・筑波山、西側に両神山などの展望あり。ぜいたくなハイキングで、みなさんも大喜び!

Simg_7976

仁田山から、行き先の日向沢ノ峰(うら)に対峙します。この辺りからは、棒ノ折山・大持山・武川岳・蕨山などが見えます。

Simg_7982

ただし標識は都県境まで心もとないです。この看板も(仁田山へ10分、日向沢ノ峰まで30分以外は)印字が薄くて解読困難。

Simg_7983

足元は立派な送電塔までよく整備されています。

Simg_7985

送電塔過ぎて細い尾根をたどります。ときおり強い寒風が吹き抜けます。

Simg_7987

上部はダケカンバばかりでした。わびしくてなにかいいのです。

Simg_7990

ほどなく都県境に着きました。あっけなかったかな?順調に有間峠に来れるかわからなかったし、逆川乗越から橋立頭や有間山を越えると2時間はかかるし・・・

Simg_7995

マイナス1℃ではないかと思われましたが、

Simg_7992

寒さ対策は奏功しているようです。

Simg_7996

古木 防火帯を気持ちよく歩きます

Simg_7998

展望よし 富士山・丹沢・御前山・三頭山・・・

Simg_8001

ちょこんとコンビ。手前、蕎麦粒山に奥は三ツドッケ。

Simg_8005

踊平手前だったか、大岩あり。名前があるのではないでしょうか。

Simg_8011

美しい稜線。川苔山登山もこの辺りまで足を伸ばす人は少ないでしょうからうれしいですね。

Simg_8014

蕎麦粒山。来し方を振り返る。アップダウンとS字状に左右の振りがあるルートで、地形もちょっと複雑、かつ獅子口小屋跡へのルートなど通行止めになっているところもあり、横道に逸れないようにします。林道が伸びていて尾根の下をトンネルで通過しているようです。

Simg_8015

曲谷北峰。東京都の標識はりっぱ。イングリッシュ表記もあり。

Simg_8016

山頂手前の銀座通りに入りました。他の登山者もちらほら。

Simg_8018

にこやかに登頂!寒くなってきましたけど。ごはんごはん!35年もの山口さん青春のブランデー!?

Simg_8019

鷹ノ巣山・雲取山・酉谷山・天祖山・芋の木突剣・笙ノ岩山・・・

Simg_8023

11:50、下山開始。ちょっと順調すぎて早いので、久しぶりに赤杭尾根に向かいました。採石場上の展望所から本仁田山が見えます。

Simg_8025

むかしの長ったらしい印象と異なって、途中に作業道が入ったりして変化に富んで好ましい道でした。平日は採石場の重機の音があるようですが。

Simg_8026

赤グナ山の山頂も踏みに行きました。

Simg_8028

あとは下りるだけ。

Simg_8031

採石場と奥の川苔山を振り返る最後の展望地。これから植林帯は暗い。それから土砂が堆積して道が細くなったりきわどい箇所がありました。さらに左に下って駅に向かうようになるとかなり暗くなります。

Simg_8034

下山したところに柚子がかごに置いてあって持ち帰らせていただき、柚子風呂にしました。 私たちはゆっくり歩きで、川苔山まで3時間弱、赤杭尾根下山が3時間で15時過ぎに古里駅つきました。 鳩ノ巣駅に下山すれば1時間短くできるでしょう。

|

« 湘南すごろく③ 引地川-江の島 | トップページ | 河村城址-洒水の滝 奥山家 »

★山歩塾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有間峠から川苔山:

« 湘南すごろく③ 引地川-江の島 | トップページ | 河村城址-洒水の滝 奥山家 »