« 七面山-八紘嶺 | トップページ | 花じょろ~高松山 »

2013年10月22日 (火)

割引沢・天狗尾根~巻機山

山岳ガイド・トミーのサブにて。憧れのコース、天気は雨。11時間かけての行動。

Waremeki_2歩き始めのころから降り始めて水量はそれほど増えておらず。吹上の滝からアイガメの滝へ。ハーケンを打ち込んでロープフィックスなどしながら、トミーが一つずつ課題をクリアしていきます。

Waremeki_1登山靴、雨で滑りやすく、岩は逆層・ヌメリ・コケで滑りやすいところも。うむ、乾いていれば・・・

Msimg_6856ヌクビ沢を分けるところ。天狗岩が頭上にせまってきます。

Msimg_6859_2さあ、また上部へ。

Msimg_6861_2いろいろありましたが天狗尾根へ到達!沢筋から取り付きの岩場はいいとして、その上の草つきは背の低い草やササ、細い灌木を慎重につかみ押し付けながら体を押し上げていくところの連続。緊張の連続でとてもカメラを出す気になりませんでした。これは「下山禁止」だわ。

Msimg_6863ランチで一息。雨も止んでガスもひいて万太郎山や大源太山、米子沢の頭くらいまでは見えました。

Msimg_6867_2下の、かわいい天狗の池を通って割引岳へ。今回、いちばん美しいところでした。

Waremeki_3私も初登頂となった割引岳にて。富澤夫妻と自分。

Msimg_6885また雨が降り出して山頂湿原は大湿地帯となりました。2日ほど前の初冠雪の雪がところどころ残っていました。

Msimg_6892米子沢の源頭・巻機山 中学生以来の思い出の地です。冬に来たことはありませんが秋はいいなと思います。

Msimg_6897_2天狗岩。あの裏から右の尾根に登り上がって周回してきたのです。

Msimg_6902強まる雨で登山道はちょっとした流れに。帰りも沢歩き!? 辛く長い下りとなりましたがなんとか暗くなる前に戻りました。こんなハードな登山をリードできるトミーはすごいと思いました。ご参加者の皆さんや奥さまのナオコさんもお強かったです!

トミーのHP http://yamanogaido-tommy.at.webry.info/201310/article_4.html

|

« 七面山-八紘嶺 | トップページ | 花じょろ~高松山 »

コメント

   ピレネーでお世話になりました       後潟
5月末に巻機山を単独登山した時に 高橋さんが登山した
天狗山ルートは民宿から変更するよう注意されたので普通の
ルートで登山しました
さすがに雨の中を沢から山頂まですごいですね
来年はモンブラン回る歩きを郵船で検討中です

投稿: | 2013年10月24日 (木) 10時58分

これはまた懐かしい方からのコメントをありがとうございます!一昨日だか、金時山でお世話になったときの写真をPCでお顔を見返していたばかりです。さて、今回のコースは「山岳ガイド」の先輩の主催プランに助太刀したしだいで、旅館さんも相当心配はしていたかと思いますが見送っていただきました。雨は早朝に振り出したので、スタート時水量がそれほどでもなく、午前中に抜けられるだろうとの判断で沢に入りました。(昼過ぎに下山のときには米子沢などは流れが白い大筋に見えるほど増水していました。)沢の中も登山靴では滑りやすく、だいたいにおいてクサリなどが手当てされていましたが、雨中では不十分で、ガイドは安全に手を尽くしました。同行の参加者もかなり山なれた方々でした。それにしても尾根に登るポイントでの草付きの悪さといったらありませんでした。「下山禁止」としているのもわかります。オーバーかもしれませんがとても一般的とはいえません。往年の名コースですが、現在では相当条件がよくないと入るべきでないですし、たしか8月末までは残雪が不安定なので入れさせてもらえないのでしょう。怪我人が良く出るとも。ましてや単独では・・・(今は米子沢で1人いなくなっていますね) お気をつけて登山を!! ツールド・モンブランいいですね!! 

投稿: | 2013年10月29日 (火) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 割引沢・天狗尾根~巻機山:

« 七面山-八紘嶺 | トップページ | 花じょろ~高松山 »