« 雁峠から笠取山 | トップページ | 富士山探検 »

2012年5月24日 (木)

飛龍山へ縦走

Simg_8445唐松尾山からの下りは一転して険しくなりました。途中、岩塊と苔のベルト地帯を何本か横切ります。どういう地形なのでしょうか。

Simg_8456昔と変わらない面影の将監小屋。トイレが増設されていました。やさしい小屋のおじさんがストーブをたくさん燃やしてもらいました。

Simg_8457_2食事のときに周りのエピソードを話してくれました。5年前は混んでいたときは行儀の悪い人に一喝していて恐い方でしたが今はずいぶんお優しくなられたようだったので無理を行って撮らせてもらいました。30年も前に十文字峠から1日で走ってやってきたときに 「おまえは天狗か、と言われました。」と話したら、「カモシカでなかったか」とのことでした。

Simg_8467翌朝、しばらく歩くと、富士山と大菩薩嶺が直列するポイントがありました!マニアック!?

Simg_8464大ダルまでの間に、たまに大きく崩れているところがあります。なんとか修復はしてあります。

Simg_8480_2禿岩からの甲武信岳方面へ大展望!

Simg_8484 お一人は権現様にて休まれましたが3人登頂!

Simg_8491ミサカ尾根にはイワウチワがたくさん咲いていました!

Simg_8495_2前飛竜にて、ここは日当たりが良いからか、やっとシャクナゲが咲き始めたようです。

Simg_8502_2前飛竜の下の岩場の下りはてこずりましたが、その後は気持ちのいい稜線が始まります。

Simg_8508標高を下げていくと緑も映えてきました。

Simg_8511紅葉もよさそうですね。この秋、この近くでは大菩薩から小菅に下りてこようと思っています。

Simg_8512サオラ峠まで順調に来て、丹波までもなかなかの急降下でしたが、午後一のバスに乗ることができました。お祭、鴨沢、女の湯など、途中、かなり多くの人が乗り込んできて満席となったので、平日にしては多いなあとびっくりしました。

|

« 雁峠から笠取山 | トップページ | 富士山探検 »

☆奥多摩を歩こう!」カテゴリの記事

★山歩塾」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛龍山へ縦走:

« 雁峠から笠取山 | トップページ | 富士山探検 »