« 山歩塾、入会のおさそい | トップページ | 丹沢 環境調査作業(丹沢山) »

2011年3月14日 (月)

お見舞い

金曜日、大きな地震が発生し津波などで多くの被害が出ました。自然の所業とはいえ、悲痛でやりきれない思いでいます。1200年ぶりの激甚さとも言われています。

被災地の皆さまの一人でも多くの救出と、一日も早い復興を祈念します。また、遠くにありながらも私たちも耐えるべきを耐えるなどして後押しをさせていただきたいと思います。

仙台のテレビ局勤務の弟は、自宅が被害にあったにもかかわらず帰宅できないがたまに画面に映ります。郡山の親戚もライフラインが断たれているものの無事なようです。宮城・福島の高校の同級生からも無事の連絡が入りました。ただ、なお相馬・雄勝・女川・宮古の友人・知人の実家の安否がわからないようで心配です。

皆さまもきっと心痛やご心配でいらっしゃるかと思いますが、われわれの、山で多少なり学んだ自然に対する心身のタフさを信じて、長い時間がかかるかもしれませんが乗り切ってまいりましょう。

*先ほど足りないものを買い足しにと外に出たのですが、ショッピングセンターのレジは長蛇の列で買い物をあきらめました ダイソーは休み。駅前のコンビニでちょっと買えましたが、単三電池がありませんね(当面は大丈夫なのですが…)。

電燈やカセットコンロもあっという間に売り切れたそうです(我が家はロウソクとキャンピングガスで山の生活に?)。午前中の停電はなかったですがマンションだと断水やガスの停止もあるようです。車のガソリンも入れられません… 不要不急なものはあせらず当面をしのいでまいります。

高橋宏治

|

« 山歩塾、入会のおさそい | トップページ | 丹沢 環境調査作業(丹沢山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お見舞い:

« 山歩塾、入会のおさそい | トップページ | 丹沢 環境調査作業(丹沢山) »