« 東京のビル | トップページ | 伊豆半島一周スタート »

2011年1月16日 (日)

ベテラン集う 高柄山-矢平山

またもや「今年いちばんの寒気で寒いぞ」と予報に驚かされながら、中央線沿線の渋い山稜・高柄山ー矢平山を歩いてきました。

Simg_5874高柄山。千葉に高塚山がありますが、こちらは上り口の千足(=千束)、束をつかと呼ぶ関わりからと思いました。千足からは直登ルートになるのでここから正面に見えますね。中央線からも見えますよ。

Simg_5887_2急登を千足峠に至ると、雪をつけた大室山が見えました(檜洞丸も)。頂上ではちょっと早い昼食をとりました。他パーティーも続々と登ってきましたが、話を聞くとバリエーションルートをとって楽しんでいるご様子。

Simg_5889頂上を出て高柄山を振り返る。

Simg_5898焼岳から黍殻・袖平山への丹沢主脈の右脇に北面に雪たっぷりの蛭ケ岳が見えてきました。さらに2つほどパーティーにあったのですが10人中9人は70歳を越えているような男性。1つのパーティーは倉岳からの縦走とか!? 男性に人気のコースなのでしょうか。それにしてもお元気なベテラン方!寒いなんて予報は関係ないよという思いが伝わってきます。

Simg_5908_2矢平山。こちらのほうが標高は高いです。そして、なんと呼び名はヤテイロです。殿平(デンデエロ)、丹波の天平(デンデエロ)の類似ですね。ところで大地峠の近くでイノシシが尾根下を横切っていったのですが、その大きかったこと!印象的には軽トラック、体の半分は顔・・・ あとで通りがかった猟師に話したら眼が光りましたね。狙いの獲物だったのでしょうか。銃声を3発ほど聞きましたがヤラレテしまったのでしょうか・・・

Simg_5916桂川を渡る。奥に倉岳。しばらくするとカヌーの集団が川を下りてきました。この寒いのに!

Simg_5917_2この季節の風物詩 どんと焼き。予定時間を久しぶりにいささかオーバーして16時半に梁川駅に到着 この時期にこれだけ(8時間)歩けて、充実した1日でした。

|

« 東京のビル | トップページ | 伊豆半島一周スタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベテラン集う 高柄山-矢平山:

« 東京のビル | トップページ | 伊豆半島一周スタート »