« 青梅のバカボン | トップページ | 鎌倉 獅子舞 »

2010年12月 3日 (金)

風吹きすさぶ 雲取山

今年、よく歩いた多摩川源流への道。そのひとつの支流に後山川がありますが、その上流の三条の湯から雲取山に上がりました。

Simg_4492すさまじい崩落のあと。このために後山林道は手前で通行止め(ゲートをくぐって作業車・関係車両は入っているもよう) シカの食害や集中豪雨の増加で崩れやすくなっているのでしょうね。

Simg_4502三条の湯  うす暗くなったところに明るい灯りがありがたいです 湯舟もたいへんきれいで快適な入浴でした。美味しいきのこに、ご主人が鉄砲で撃ったというシカの肉もいただきました。食後に南足柄出身の小屋番さんから山の暮らしについて面白い話をたくさん聞きました。

Simg_4506翌朝6時半、明るくなってから歩き始めて高度を上げていくと、三ツ山の岩稜にも陽があたってきました。

Simg_4509

Simg_4518_2大菩薩連嶺の向こうに雪をかぶった富士山が見えてきました(がこのあとすぐ隠れてしまいました) 雲取山頂を見上げると雲がかかってきた様子。さすが雲「取り」。三条ダルミに着くと稜線を越えて風が吹きすさんでいました。

Simg_4526避難小屋を見てあと一息!

Simg_4527風がビュービュー かろうじて0度くらい。避難小屋にて休息。

Simg_4534ちょっと風が弱まったので、えいやと石尾根を下りはじめました。

Simg_4541_2五十人平で昼食をとって、ブナ坂からしばらく下りるとマムシ岩とよばれる洞穴があります。

Simg_4544メインルートにしては落ち葉でか細い道を下りました。鴨沢からもえぎの湯に直行、ぬるぬるの湯に浸りました。2日とも温泉でしたね。

|

« 青梅のバカボン | トップページ | 鎌倉 獅子舞 »

☆奥多摩を歩こう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風吹きすさぶ 雲取山:

« 青梅のバカボン | トップページ | 鎌倉 獅子舞 »