« 秋の石老山  | トップページ | 男なら? 男山・天狗山 »

2010年11月 2日 (火)

東信州 茂来山

ベテランガイドSさんとK君のペアに加わって、信州の渋い山に行ってきました。地元のパンフでは大々的にのっていますが、落ち葉のせいか踏み跡のうすい、しぶーい山でした。

Simg_3517赤がありませんが、色づく、高度1200mほどの林。

Simg_3521大きな栗の木下で~ 晴れの予報なのに薄曇り。冷たい風を避けて昼食です。

Simg_3533両神山が見えて頂上に到達。

Simg_3536地元から大切にされてきたお社が並んでます。皇太子殿下も宮様のころにいらしていて記念碑がありました。しぶいですね。

Simg_3530ベテランも登頂に一安心

Simg_3540山ろくからずいぶん登ってきたものです。以前は1泊2日の行程の山でしたが、高速で便利になって今は行動時間が5時間ほどと手ごろなコースですね。

Simg_3550トチノキ その名も仁王 その下には「コブ太郎」という同僚もいます。

Simg_3569佐久甲州街道沿いにあった神社、近くの駅は羽黒下とあったので羽黒神社でしょうか? 小海沿線について、小海から南の馬流には、明治17年のちょうどこの時期 11月1日、自由民権政府の樹立をめざして武装蜂起した秩父困民党が、政府軍の攻撃をうけ3日後に瓦解して十石峠を越えて信州側に流れ、最後の決戦で敗れた、「秩父事件」最後の古戦場があります。

|

« 秋の石老山  | トップページ | 男なら? 男山・天狗山 »

ツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東信州 茂来山:

« 秋の石老山  | トップページ | 男なら? 男山・天狗山 »