« 藤沢 蔵まえギャラリー | トップページ | てっぱく いっとく »

2010年10月27日 (水)

多摩川ウォーク 第6回

秋の部の2回目、鶴の湯源泉から丹波まで歩きました。奥多摩湖の浮橋を2回渡るコースですね。

Simg_3314「陣屋」さんの蕎麦定食で昼食。 店前で干してある芋で作る自家製こんにゃくに大根の漬物もグー。いいところなんですけど、ここの女将さんは「ここは来るところで住むところでないわー」にはじまって、どうしてすむところでないか興味深い話をたくさんしてくれました。でも、うかがった御年にして、明るくお元気そうで、お肌もつややか。これっていい空気に水に食べ物のおかででしょうね。

Simg_3324_3後半は都県境を越えて山梨県に入って長い登りになってちょっと大変でしたが、途中の休憩ではKさんと笛で、秋の歌のデュエットも。楽しいひと時でした。

Simg_3330底深い渓谷。色づきはまだこれからのようでした。

Simg_3333今回は国道から下に見える保之瀬にも通り抜けました。平安時代の創建といわれる法興寺の境内にて休むなどして、その古くからの集落の雰囲気を感じました。

Simg_3334柿の木もたわわになっていました。甘柿にはしないんでしょうか?

Simg_3337清流

Simg_3339静かな保之瀬の集落

丹波の道の駅では、やはり道の駅に寄ってお味噌と鹿肉ソーセージを購入。バス停まで歩いてバスで奥多摩に帰りました ちょっと早かったけど いつもの?お店によらせてもらって、つきだしはジャガイモ。えっ、じゃがいも? これが奥多摩名産で旨いのです。梅酒もいただきましたね。多摩川メンバーはお酒のお好きな方が多くて歩いた後もさらにお楽しみです。

|

« 藤沢 蔵まえギャラリー | トップページ | てっぱく いっとく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多摩川ウォーク 第6回:

« 藤沢 蔵まえギャラリー | トップページ | てっぱく いっとく »