« 宝永山のにぎわい | トップページ | 湘南のなつ »

2010年8月 7日 (土)

関川の関所から 妙高山

久しぶりの北国街道関川の関所(越後の三関だったらしい)に寄りつつ、正面ルートでの妙高山登頂に同行しました。

Img_1798越後と信州を分ける川にかかる橋より臨む妙高山。それにしても暑い!でも蕎麦は美味しかった!

Img_1815資料館を見学。妙にリアルな旅姿の人形。加賀百万石の参勤交代や佐渡金山の金も運ばれたという重要幹線だったようです。

Img_1817妙香山・妙光山とも言われていた妙高山。やはり修験の山だったようですね。

Img_1830前置きが長くなりましたが、ケーブルカーで1300mまで上がってゲレンデを少々登って緩やかに登り始めます。

Img_1833これが今回出色の宿泊場所・大谷ヒュッテ。涼しい風が吹き通って居心地良いです。携帯も入ります。何より水場の水が美味しい!

Img_1839翌朝はあやしい天気でしたが、朝3時半に出て、頂上直下の鎖場を5時半に通過。

Img_1841早朝から雲がもくもく。隣の戸隠連山でさえ見えません。(新潟県内のとなりの地方では大雨だったらしいです)

Img_1846頂上に到達。なんとか火打山・焼山くらいまでは展望できました。平地の天気予報が晴れ・晴れでも山間部では実際はこんなんです。

Img_1852力強く咲くアザミ。ほかにヨツバシオガマ・トリカブト・ミヤマシャジン・アキノキリンソウなど、山の上では秋の草花がほとんどでした。山ろくではコアジサイも咲いていたのですが・・・

山頂に1時間近くゆっくりして小屋で荷物を回収して下山し、温泉入浴して野尻湖畔でピザを食べて帰りました。(ケーブルは始発が8時でたくさんの人たちが妙高山頂を目指して登っていましたが、終発が15時半というとコースタイムぎりぎりできついですね。)

|

« 宝永山のにぎわい | トップページ | 湘南のなつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関川の関所から 妙高山:

« 宝永山のにぎわい | トップページ | 湘南のなつ »