« 相模川 中世遺構 | トップページ | 40年止まった時間 ネパール »

2010年4月 5日 (月)

春の篠井山

官位の四ノ位から名づけられたという、山梨県・南部町の篠井山をご案内してきました。

Simg_7942登山口までの林道には落石がふさいでマイクロバスは入れませんでした。春先は多いですね。

Simg_7947沢沿いの道から臨む、「明源の滝」

Simg_7949スギ・ヒノキの植林が多いですが、石にからみついて、ブナやナラ・クリの木もたまに残ります。

山頂近くで、よもやのアラレに降られましたが、山頂の南峰・北峰を巡ったあと、雨ですべりやすくなった道の下りを慎重に下りてきました(降られてからはあまり気の利いた写真も残せませんでしたね)。平安時代からの歴史ある名山で、地味~な山歩きの山です。でも、下山後の快適な入浴も手伝ってか、好評な山歩きでした。サクラ満開の東京から出てきましたが、こちら山里のサクラやヤマザクラも満開でとてもきれいでした。 

|

« 相模川 中世遺構 | トップページ | 40年止まった時間 ネパール »

ツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の篠井山:

« 相模川 中世遺構 | トップページ | 40年止まった時間 ネパール »