« 箱根でトレーニング | トップページ | ミステリー山行(房総編) »

2010年2月22日 (月)

宿場町について 平塚

自分も女房も、五街道にあった古い宿場であった町で生まれて、いっしょになったあと引越しを何回かして、今またそのようなところに長く住まいすることになったのですが、やはりそういうところが好きなのでしょうか。

市立博物館で、プラネタリウムで3月の星座を堪能したあと、わが平塚の宿場であったころの姿を見てきました。なかなかの規模です。でも、その後、小田原にドライブに出たのですが、あちらのほうが数倍も大きいですね。ひょっとして東海道で最大でしょうか?調べてみましょう。

Simg_7220右後ろにそびえる鋭鋒が「相州大山」です。大山詣は江戸時代の娯楽であったと聞きますが、農業が主であったころ関東近辺の「おらが村」への真剣な雨乞いの祈りの道でもあったでしょう。

|

« 箱根でトレーニング | トップページ | ミステリー山行(房総編) »

★神奈川の山を登ろう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/464385/33641346

この記事へのトラックバック一覧です: 宿場町について 平塚:

« 箱根でトレーニング | トップページ | ミステリー山行(房総編) »