« 森戸川~田浦梅林 | トップページ | 冬の新潟 糸魚川 »

2009年2月21日 (土)

ぽかぽか岩戸山 月曜日

あっというまに1ヶ月たってしまいました。またコツコツ過ぎ去りし日を更新してまいりますので、ときどきのぞいてください。

今日は天気よく、伊豆山神社から岩戸山に登り、十国峠から、途中熱海梅林に寄り道しながら熱海を満喫してきました。残念ながら富士山頂は雲にかくれてしまいましたが、相模湾・駿河湾と伊豆の両側の海も眺められました。真鶴半島・初島・沼津アルプスなど特徴ある地形がくっきり見れました。

Img_4159 遠くに大島

さて、今回は見所たくさんのプランでした。スタート点の伊豆山神社は役小角も修行した箱根神社と並ぶ格式高い神社で、源頼朝と北条政子のデート場所(ベンチもあるんですよ)。岩戸山は広葉樹林と草原の山で展望も熱海の街並みや、伊豆半島への絶景が開けました(そこで昼食)。日金山東光寺は273年開山とも伝えられる、古くからの恐山のような霊山で、今日はご本尊の延命地蔵菩薩像も拝めました。

Img_4161 こわそーな閻魔さま

十国峠には源実朝の句碑:箱根路を我が越えくれば伊豆の海や沖の小島に波のよる見ゆ。実朝は正岡子規に「万葉以来実朝以来一向に振ひ不申候」と言われたほどの実力者ですが28歳で落命。この句は22歳のときの作でした。 十国峠は標高765mの日金山頂上で、たくさんの観光客でにぎわっていました。ここも大展望です。熱海梅林はちょっと遅すぎました。暗くて寂しい感じでしたが、玉垣枝垂など楚々と咲き残っていました。もうひとつ、来宮神社樹齢2000年といわれる大クスノキも考えていたのですが、日も傾いてきたので自重しました。 

一つだけ、伊豆山神社奥宮から岩戸山直下への登路が別荘地造成のため、長い間通行止めになっています。2009年版の山と高原地図にもあるとおりの車道の迂回路をたどりましたが、かなり長くて時間もかかりました。古くからの聖地のルーtが寸断されたままで残念ですね。どこかで識者も指摘していましたが、古い造成地を再造成するなどして自然を残す方向にはならないものでしょうか。

週明け、月曜日は歩きにすと講座・横浜教室です。若干お席に空きがあるようですので、都合よろしい方はいらしてくださいね。詳細・ご予約は事務局までお願いします。

|

« 森戸川~田浦梅林 | トップページ | 冬の新潟 糸魚川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぽかぽか岩戸山 月曜日:

« 森戸川~田浦梅林 | トップページ | 冬の新潟 糸魚川 »