« 夏の富士山へのお誘い | トップページ | ガイド研修@丹沢 »

2008年6月23日 (月)

トレーニン、グゥ!

先日花の山にご一緒したときに、6月のこの時期に「今年はじめての山なんですー」という方がいらしてびっくりしました。

思わず「トレーニングはされていますか?」とお聞きすると、「家の周りの丘をよく歩いていまーす」とのご返事。うーーん。それでも、何もされないよりずっといいのですが、やはり山歩きとは「負荷」がちがう・・・ 冬眠あと、まして春やGWも歩いていないなんて! (案の定、体力不足 蒸し暑さ でバテバテになってしまわれました。怪我をされなくてよかった!)

朝、早起きをして、荷物を背負って、電車などで登山口にいって、マイペースでないかもしれないペースで皆と歩く・・・ そして最後には疲れても車も呼べずに避けようのない下り・・・  山歩きにはいろいろな負荷があります。そしてやはり山を歩いていないと、怠けがちな身体はそれらの負荷を忘れてしまうようです。ある、行かれたい山があるのなら、それに合わせて徐々にステップアップした山行を積み重ねて身体を慣らしていったほうがいいですよね。

この3月に、「さあ、足慣らし!」ということで3日間45kmのハイキング縦走プランを歩きにいらした方たちがいて、これにはピックリしました。ベテランの方であればあるほど、足慣らし身体慣らしという必要性を感覚的に感じていらっしゃるからでしょう。

最近、直近の山歩きをお尋ねすると「高尾山!」というお答えが増えてきた気がします。手軽に単独でも安心して歩けるフィールドとして重宝されているのでしょう。そして、少なくない方々が日々のトレーニングの大切さを認識されているからでしょう。

毎月初旬の私の朝日カルチャーセンター・横浜プランも、トレーニング山行として重宝していただいているようです。長く・お怪我なく山歩きをお楽しみになれるよう、ぜひ、月に2回、できれば3回以上の山歩き、できれば1年中の山歩きを励行してください!

|

« 夏の富士山へのお誘い | トップページ | ガイド研修@丹沢 »

山のノウハウ なんかしら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トレーニン、グゥ!:

« 夏の富士山へのお誘い | トップページ | ガイド研修@丹沢 »